2010年 10月 16日

うれしかったこと

今日の披露宴。


キャプテン兼プランナーの方から

「小林さんがいると癒されるよ本当に」

「小林さんが司会だと安心して出来る」

と、言って頂きました◎


とっても素敵なレストランウエディングができるところで、

この会場で司会をすること、本当に誇りに思ってます。

お二人も親族もゲストもみんな笑顔でいつでも温かな声援や拍手がある。

本当に大好きな会場です。


そんな会場のプランナーさんからそのようにお言葉を頂けるっていうのは

すごくうれしいこと。

同じ思いで進行で来てるってことだよね!?



お二人も本当に楽しかった!あっという間でした!と、満面の笑顔で挨拶をかわしてくれました。


ウエディングは本当にチームプレイ。

スタッフ間も司会者もみんながお祝いしたいっていう気持ちがなきゃいけないと思うのです。

だから外注である司会者がどれだけスタッフの考える、お二人の考えるウエディングがどんなものかを考えられるか?がとても大切。

だし、司会者がいかにスタッフさんたちと仲良くなれるかってすごく重要だなって思う。

技術だけじゃ・・・ないよね!

本当にそう思う。

心を亡くした司会者は私の求めている仕事でない。

だから私はいつだって心のある司会者でありたい!
[PR]

by keyholewarabi | 2010-10-16 23:30 | こころ・感情


<< トレーニング―      復帰しました。 >>