わらびもち

keyholew.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 28日

恵比寿の写真展

千葉の会場でいつもお世話になっていたカメラマンさんが個展を開いていたので行ってきました。
d0153206_2493386.jpg


同じ専門学校の頃の仲間でのグループ展。

もちろん彼女の撮る写真はすてきだった。
彼女らしいあたたかいやわらかい
家族だったりよろこびだったり、
人の「表情」があったかくて。
彼女は本当に結婚式のカメラマンのように「幸せ」を切り取る写真を
すてきに収めることが出来る人だなって思った。


グループ展の素敵なところはいろんな作品を一度に見れて、
自分の好きなジャンルだったり苦手なものって言うものを見つけることが出来ること。

今まで写真には「記録」「かっこよさ」や「モデル」とかの意味合いをつよくもっていた。
でも今回の作品を見てちょっとかわった。
ある方の写真にものすごく引き付けられた。
表情の裏に隠れてるその人の感情。それが「喜び」とかその場にある「空間」の感情でなくって
カメラを向けられていることでその人が持つ感情というか、
本当は思っているけどいつもは出していない「裏側」が伝わるというか・・・

空間全体から来る感情じゃなくってその人から伝わる感情・・・?

うまく表現できないけど
彼に写真を撮ってもらいたいって思いました。
知り合いでもないのにこんな風に思ったのは初めて。


こうやって偶然に素敵な出会いって舞い込んでくるんだろうな~

もしよければみなさんも・・・
あと少ししかないですが恵比寿駅からすぐです。
[PR]

by keyholewarabi | 2010-11-28 03:03 | みちでの発見


<< そう言えばなんですけど・・・      幼稚園児から中学生まで >>